クッキーの作曲は誰?倖田來未の夫・Hi-yunkはバイリンガルな凄腕プロデューサー?

Hi-yunk歌手
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

バラエティ番組『水曜のダウンタウン』の企画内で誕生したアイドルグループ「都内某所」。

その都内某所のデビュー曲「クッキー」はプロデューサーである安田大サーカスのクロちゃんが歌詞を手掛けましたが、作曲はHi-yunkさん。

今回は、そのHi-yunkさんの経歴や過去の作詞作品について纏めてきたいと思います。

 

アイドルグループ『都内某所』

都内某所

バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」の企画「MONSTER LOVE」にて誕生したアイドルグループ『都内某所』、

お笑い芸人グループ『安田大サーカス』のクロちゃんがプロデュースしたという面白い経歴のグループですね。

デビューは2022年12月14日。

エイベックス内レーベルcutting edge所属。

 

デビュー曲「クッキー」

クッキー

都内某所は12月14日にデビュー曲「クッキー」をリリースしました。

その楽曲の作詞を、同グループをプロデュースしたクロちゃんが書いているようですね。

ちなみに、作曲はHi-yunkさん。

『クッキー』の公式MVはYoutubeでも公開されています。

それがこちら⇓⇓

 

「クッキー」作曲のHi-yunk

hi-yunk

それでは、ここで「クッキー」の作曲を担当したHi-yunkさんについて纏めて行きたいと思います。

Hi-yunk|プロフィール

  • 名前:Hi-yunk(ハイユンク)
  • 生年月日:1984年9月25日
  • 年齢:38歳(2022年12月時点)
  • 出身:東京都足立区
  • 職業:ミュージシャン、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家

妻は倖田來未

倖田來未

Hi-yunkさんは、歌手の倖田來未さんの夫であることでも知られていますね。

2011年の年末に入籍することは発表されました。

現在、二人のお子さんもいらっしゃるようで夫婦二人の関係もよく、二人のお子さんと4人家族で幸せなご家庭を築いているようです。

 

『BACK-ON』のKENJI03としても活躍

H-yunkさんは、「BACK-ON」という音楽バンドグループでも活躍されているそうです。

「BACK-ON」ではKENJI03(ケンジスリー)という名前。

ギターボーカルを担当されています。

BACK−ONメンバーのお写真はこちら⇓⇓

写真左の金髪の方が、KENJI03さん。

となみに、お隣の方がバンド内でMCを担当しているTEEDA(ティーダ)さん。

back-on

 

台湾と日本人のハーフ

台湾人の母親と日本人の父親の日台ハーフであるHi-yunkさん。

Hi-yunkさんは中国語が堪能で、台北日本人学校の小学部で半年間勉強したこともあるんだとか。

ちなみに、「Hi-yunk」という名前の由来は、母親の母国台湾で台湾原住民タイヤル族の言葉で付けられた、日本人の父親のニックネームHiyunに自身のイニシャル「K」を足して作ったと、BACK-ONのファンクラブサイトClanにてファンからの質問に回答し明かしています。

過去の代表作品

では、作詞家として手掛けてきた作品の代表的なものをいくつか纏めていきいと思います。

EXILE

  • 「RED PHOENIX」(作曲/編曲)
  • 「DOWN TOWN TOKYO」(作曲/編曲)
  • 『NEO UNIVERSE』(作曲/編曲)

GENERATIONS from EXILE TRIBE

  • 「Love is ?」(作曲/編曲)

LiSA

  • 「Leopardess」(作曲/編曲)

関ジャニ∞

  • 「キミトミタイセカイ」(作詞/作曲/編曲)

NEWS

  • 「SuperSONIC」(作曲/編曲)

倖田來未×湘南乃風

  • 「Trust・Last」(作曲/編曲) 「仮面ライダーギーツ 」主題歌

倖田來未

  • 「Change my future」
  • 「BRIDGET SONG」
  • 「Stand by you」
  • 「What’s Up」
  • 「Promise you」

など、、(全て作曲/編曲)。

流石に妻に倖田來未さんには非常の多くの楽曲を提供しているようで、現在確認できるだけで17曲はありそうです。

まとめ

以上、作詞家Hi-yunkさんの経歴を纏めてみました。

これからの更なるご活躍を願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
歌手男性
hukahoriをフォローする
ふかぼりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました