日本の過去の国葬事例!安倍元総理の費用16億は近年首相の20倍以上!?

吉田茂の国葬未分類
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

来たる9月27日に予定されている安倍元総理の国葬。

岸田総理が安倍元総理の国葬実施を公表してからは様々な物議を醸し出していますね。

なぜ、ここまで多くの反対や批判を産むのでしょうか。

ここでは過去に行われた国葬やその費用などを紹介。

過去の国葬から、今回の国葬騒動について見えてくるものがあるのでしょうか。

深堀したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

安倍元総理 国葬

安倍晋三

選挙運動中に銃撃を受け、帰らぬ人となった安倍晋三元総理。

安倍元総理の国葬を日本武道館で開催されることが閣議決定されました。

首相経験者として国葬が行われるのは、1967年の吉田茂以来、戦後2例目として注目を浴びています。

その費用は16.5億円。

「文春オンライン」編集部ではメールマガジン登録者を対象に「安倍晋三元首相の国葬緊急アンケート」を実施。

その結果、「反対」意見が全体の7割を超えるという結果になったそうです。
引用:https://bunshun.jp

首相経験者として国葬が行われるのは、1967年の吉田茂以来、戦後2例目として注目を浴びています。

その他にはどのような人物に国葬が実施されてきたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

戦前と戦後で違う国葬

日本には明治時代以降、国に大きな功績を残した人を、国が追悼する「国葬」という儀式があります。

実は戦前は国葬に関する法律があったのですが、戦後は廃止されたので、同じ「国葬」と言っても戦前と戦後では少し内容が違います

戦前の国葬

戦前の日本には国葬令という法律が制定されており、国葬の対象者は最初から決まっていました。

それによると、まず第一に国家に大きく貢献した人物であること。さらに旧・薩長藩主であることや、太政官制における大臣経験者首相や元帥の経験者などが対象でした。

 

戦後の国葬

第二次世界大戦後、国葬令が失効します。それによって規定された国葬はなくなりました。

また、新しい皇室典範の葬儀に関する規定は、第25条の「天皇が崩じたときは、大喪の礼を行う」という記述のみとなり、「大喪の礼」は国家儀式として行われいます。

 

スポンサーリンク

 

過去のにほんの国葬事例

国葬

こちらが、過去に日本で過去に行われた国葬。

戦前

年月日名前地位・役職
1878年5月17日大久保利通内務卿(事実上の国葬)
1883年7月25日岩倉具視右大臣
1887年12月18日島津久光公爵 左大臣
1891年2月25日三条実美公爵 太政大臣
1895年1月29日熾仁親王陸軍大将 参謀総長
1895年12月18日能久親王陸軍大将 近衛師団長
1896年12月30日毛利元徳公爵 参議 旧山口藩主
1897年2月7日英照皇太后皇太后 大喪儀(事実上の国葬)
1898年1月9日島津忠義公爵 参議 旧鹿児島藩主
1903年2月26日彰仁親王元帥 陸軍大将
1909年11月4日伊藤博文公爵 内閣総理大臣 元老
1912年9月13日明治天皇天皇 大喪
1913年7月17日威仁親王元帥 海軍大将
1914年5月24日昭憲皇太后皇太后 大喪
1916年12月17日大山巌公爵 元帥 陸軍大将 内大臣
1919年3月3日李熈李太王(元韓国皇帝 高宗)
1922年2月9日山縣有朋公爵 元帥 陸軍大将 内閣総理大臣 元老
1923年2月14日貞愛親王元帥 陸軍大将 内大臣
1924年7月12日松方正義公爵 内閣総理大臣 元老
1926年6月10日李坧李王(元韓国皇帝純宗)
1927年2月7日大正天皇天皇 大喪
1934年6月5日東郷平八郎侯爵 元帥 海軍大将
1940年12月5日西園寺公望公爵 内閣総理大臣 元老
1943年6月5日山本五十六元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官
1945年6月18日載仁親王

元帥 陸軍大将 参謀総長

戦後

1951年6月22日貞明皇后皇太后 大喪儀(事実上の国葬)
1967年10月31日吉田茂内閣総理大臣
1989年2月24日昭和天皇昭和天皇
2022年9月27日安倍晋三内閣総理大臣

 

ご覧通り、戦後における国葬の過去の事例は吉田茂元総理のみ。

これは、当時の内閣総理大臣だった佐藤栄作の強い希望があったと言われています。

しかしこれは極めて稀なケースであり、戦後の国葬に関しては基本的には行われないものと考えてよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

近年の元総理の葬儀

前途の通り、戦後の国葬として吉田茂元総理の国葬は極めて異例と言われています。

阿部元総理も反対意見が多いですが、

近年、元総理の方々の葬儀はどのようなものだったのでしょうか。

それがこちらです。

名前費用
1995福田赳夫氏1億4700万円
2000小渕恵三氏1億5100万円
2004鈴木善幸氏1億900万円
2006橋本龍太郎氏1億5400万円
2007年宮沢喜一氏1億5400万円
2020年中曽根康弘氏1億9300万円

そして、これらの葬儀の形態は “内閣・自民党合同葬”です。

国葬令が廃止されてからは、首相経験者などの葬儀は、こうした国民葬や合同葬などの形式で行われることが多いようです。

表記の通り、首相経験者の合同葬の場合、その費用はおよそ1億5千万円ほどといったところ。

その中で公費負担は1億円弱とも言われています。この金額の膨大さから、多少なりとも国民による反発が起こるようです。

これを踏まえると、今回の安倍元総理の国葬費16.5億円というのが高額だと言われるのも当然かもしれませんね。

費用負担額

続いて、これらの葬儀の国費一覧。

 
  • 福田赳夫 内閣・自民党合同葬 7334万円
  • 小渕恵三 内閣・自民党合同葬 7555万円
  • 鈴木善幸 内閣・自民党合同葬 5449万円
  • 橋本龍太郎 内閣・自民党合同葬 7703万円
  • 宮沢喜一 内閣・自民党合同葬 7585万円
  • 中曽根康弘 内閣・自民党合同葬 8295万円

安倍元首相の国葬にかかる経費について、政府は全額を国費から支出するとしているとしています。

国費とは、最終的に国民の税金で賄われる費用と言えるので、16.5億円を全て国民の税金で賄うということになります。

近年では、総理の葬儀が国費一億円を超えていないことを考えると、今回の安倍元総理の国葬がどれほど異例なことかよく分かります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

過去の国葬と、過去の総理の葬儀。

安倍元総理の国葬に対する世論に動きはあるのでしょうか。

今後の動向に注目が集まりそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました