宇宙飛行士・古川聡|家族構成!妻の恵子、娘、息子と宇宙でのやり取りに涙!?

古川聡気になること
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

宇宙飛行士の古川聡氏が医学研究において不正行為を行ったとして話題になっていますね。

今回はその古川聡さんの家族構成について纏めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

古川聡、不正行為発覚

医師であり宇宙飛行士でもある古川聡氏が総括責任者を務めた、国際宇宙ステーション(ISS)の生活を模した医学研究。

その研究において、データの改ざんや捏造など多くのずさんな点があったことが関係者の話でわかっったようです。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は重大な不適切行為があったと認定し、25日に文部科学省などに報告しました。

古川飛行士は2023年ごろISSに2回目の長期滞在をすることが決まっているが、JAXAは古川飛行士を含む関係者を処分する方針とのこと。

 

スポンサーリンク

 

古川聡|プロフィール・学歴・経歴

では、古川聡さんのプロフィールを簡単に纏めます。

プロフィール

  • 名前:古川聡(ふるかわ さとし)
  • 誕生日:1964年4月4日
  • 年齢:58歳(2022年11月時点)
  • 出身:神奈川県横浜市

学歴

  • 1977年3月 – 横浜市立間門小学校卒業
  • 1983年3月 – 栄光学園卒業、東京大学理科三類入学。
  • 1989年3月 – 東京大学医学部医学科卒業。

経歴

  • 1999年2月 – 星出彰彦、山崎直子とともに国際宇宙ステーションに搭乗する宇宙飛行士候補者に選ばれる。
  • 2000年 – 東京大学で医学の博士号取得。
  • 2001年1月 – 正式に宇宙飛行士として認定される。
  • 2004年5月 – ロシアのソユーズ宇宙船のフライトエンジニアの資格を取得。
  • 2006年2月 – 搭乗運用技術者の資格を取る。
  • 2007年8月 – フロリダ州海底でのNASA極限環境ミッション運用訓練(en:NEEMO13)に参加。
  • 2008年5月 – 野口聡一がISS長期滞在員に選出された際、バックアップクルーに任命される
  • 2008年12月 – ISS第28次/第29次長期滞在員に任命される
  • 2011年6月8日 – ソユーズTMA-02Mに搭乗し約5か月半のISS長期滞在を開始。古川にとって初の宇宙飛行となった。
  • 2011年11月22日 – 帰還
  • 2020年12月 – 再びISS長期滞在員に決定。2023年頃の飛行が予定されている。

 

スポンサーリンク

 

古川聡の家族構成

次に古川聡さんの家族構成について纏めていきたいと思います。

古川聡さんはご結婚されており、二人のお子さんがいることが明らかになっています。

妻・古川恵子

古川聡氏はご結婚されており、奥さんは恵子という名前であることがわかっています。

年齢や画像などはなく、詳しい情報は不明ですが、

2011年の6月、古川聡さんが乗った宇宙船「ソユーズ」が日本時間10日朝、国際宇宙ステーション(=ISS)へのドッキングに成功し、古川さんは地上にいる家族らと交信したことがニュースになっており、その時の会話の様子が取り上げられていました。

上記のご家族とのやり取りがこちら⇓

その時の古川聡氏と妻・恵子氏の会話が次のとおりです。

古川さん「国際宇宙ステーションに着きました。頑張りたいと思います」

妻・恵子さん「宇宙ステーション到着、おめでとう。バッターボックスにやっと立った気分だと思うけれど、ホームランは必要ないので、チームワークで一塁ずつ進んでホームに戻ってきてください」

古川さん「頑張ります」

 

娘・葵 息子・健吾

そして、宇宙ステーションから奥さんとやり取りをした後、お子さんお二人とも会話をする様子が残されていました。

その会話は次のとおりです。

 長女・葵さん「パパ、葵です。宇宙に行く夢がやっとかなったね」

 長男・健吾さん「健吾です。楽しんできてね。おめでとう」

 古川さん「ありがとう」

お子さんについても、これ以上は公表されている情報は無いようです。

なにか新しい情報があり次第、更新していきたいと思います。

 

 

更新中…。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました