【2022年最新】森保一の年俸は1.5億円!世界年俸ランク18位は高い?安い?

森保一スポーツ
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

2022年11月開催されるサッカーワールドカップ、カタール大会。

本大会において日本代表の監督を務めるのは森保一さんですね。

今回は、その森保一さんの年俸について纏めていきたいと思います。

日本代表の年俸は世界と比べて高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?

深掘していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ワールドカップ|日本代表監督森保一

森保一

2022年ワールド・カップ、カタール大会において、日本代表を指揮する監督、森保一さん。

監督就任を発表されたのは、2018年7月のこと。

前回2018年のワールド・カップが閉幕し、西野朗監督の後任として代表監督に就任しました。

トルシエ監督以来、史上二人目

 

ちなみに、森保一監督は当時オリンピック日本代表の監督にも就任していました。

オリンピックとワールド・カップの監督を兼任したのは、日本では実は史上二人目。

2000年シドニー五輪と02年W杯日韓大会を指揮したフィリップ・トルシエ氏以来。

日本は、オリンピックにおいてもワールド・カップにおいても、その全権を森保一氏に託す形を取りました。

「嬉しさは全く無い」?

両代表の監督就任について、森保一氏は素直に喜んではいなかったようです。

就任時の会見で森保一氏はこう語っています。

本当に重責だなと。東京五輪の監督だけでも重責と感じて…正直、自分に(兼任が)できるのかと。

うれしさはまったくなかった。

 

スポンサーリンク

 

森保一、就任期間4年で6億契約

森保一

気になる年俸について。

今回のワールド・カップ監督は、契約期間は最長でW杯カタール大会までの4年。

その契約金は4年間で6億円

年俸に換算すると1.5億円ということになります。

 

スポンサーリンク

 

日本代表監督の年俸は安い?

この1.5億円という年俸額。

果たして世界的に見て安価なのでしょうか。

それとも高価なのでしょうか。

日本代表最高年俸、ザッケローニの2.8億円

アルベルト・ザッケローニ

日本代表監督として見てみると、今回の森保一氏の年俸額は決して高いとは言えないようです。

歴代の日本代表監督の年俸ランキングがこちら⇓⇓

  1. アルベルト・ザッケローニ氏 2億8千万円
  2. ヴァヒド・ハリルホジッチ氏 2億6千万円
  3. ハリルホジッチ氏(ロシアW杯前に解任)2億6千万円
  4. ジーコ氏 2億2千万円
  5. アギーレ氏 2億円
  6. 森保一 1億5千万円
  7. 西野朗氏 1億2千万円

1位がザッケローニ監督。

今回の森保一氏の倍近い額ですね。

年俸が1.5億円というのは、一般的に見ればとんでもない額ですが、相対的に見ると少し見劣りする額ではなります。

とりわけ、日本代表監督の中でも日本人監督が低い年俸で就任しているようですね。

 

世界の代表監督、年俸ランク18位

では、世界に目を向けてみると日本代表の年俸はどうなのでしょうか。

とあるサイトで、今回のワールド・カップの年俸額をランキング形式で掲載されているものがありました。

そのランキングによると、日本代表監督の年俸額は32国中の18位

高くもなく低くもなく、といった感じでしょうか。

ちなみに第一位は、ドイツ。

その額、なんと9.5億円

森保一氏の年俸の6倍以上という額。

仮に一年だけ監督をすれば親子何代遊んで暮らせるのでしょうか…。なんて思ってしまう額です。

こちら⇓⇓が、世界最高年俸額を得ているハンジ・フリック氏。

ハンジ・フリック

 

スポンサーリンク

 

世界年俸ランキング 一覧

ワールド・カップ2022

最後に、今回のワールド・カップ、カタール大会における監督の年俸額を一挙に紹介したいと思います。

32: ジャレル・カドリ(チュニジア) – 年俸:13万ユーロ(約1900万円)

31: アリュー・シセ(セネガル) – 年俸:31万ユーロ(約4500万円)

30: リゴベール・ソング(カメルーン) – 年俸:34万ユーロ(約5000万円)

29: ルイス・F・スアレス(コスタリカ) – 年俸:35万ユーロ(約5100万円)

28: ロブ・ページ(ウェールズ) – 年俸:38万ユーロ(約5600万円)

27: クリス・ヒュートン(ガーナ) – 年俸:40万ユーロ(約5900万円)

26: ジョン・ハードマン(カナダ) – 年俸:48万ユーロ(約7000万円)

25: チェスワフ・ミフニェヴィチ(ポーランド) – 年俸:50万ユーロ(約7300万円)

24: ズラトコ・ダリッチ(クロアチア) – 年俸:55万ユーロ(約8100万円)

23: ドラガン・ストイコビッチ(セルビア) – 年俸:65万ユーロ(約9500万円)

22: ワリド・レグラギ(モロッコ) – 年俸:72万ユーロ(約1億600万円)

21: グスタボ・アルファロ(エクアドル) – 年俸:77万ユーロ(約1億1000万円)

20: ディエゴ・アロンソ(ウルグアイ) – 年俸:86万ユーロ(約1億3000万円)

19: カルロス・ケイロス(イラン) – 年俸:91万9000ユーロ(約1億4000万円)

18: 森保一(日本) – 年俸:105万ユーロ(約1億5000万円)

17: エルヴェ・ルナール(サウジアラビア) – 年俸:110万ユーロ(約1億6000万円)

16: ルイス・エンリケ(スペイン) – 年俸:115万ユーロ(約1億7000万円)

15: カスパー・ヒュルマンド(デンマーク) – 年俸:115万ユーロ(約1億7000万円)

14: ロベルト・マルティネス(ベルギー) – 年俸:120万ユーロ(約1億8000万円)

13: グレッグ・バーハルター(アメリカ) – 年俸:125万ユーロ(約1億8300万円)

11: グラハム・アーノルド(オーストラリア) – 年俸:130万ユーロ(約1億9000万円)

11: パウロ・ベント(韓国) – 年俸:130万ユーロ(約1億9000万円)

10: ムラト・ヤキン(スイス) – 年俸:160万ユーロ(約2億3500万円)

9: フェルナンド・サントス(ポルトガル) – 年俸:225万ユーロ(約3億3100万円)

8: フェリックス・サンチェス・バス(カタール) – 年俸:240万ユーロ(約3億5000万円)

7: リオネル・スカローニ(アルゼンチン) – 年俸:260万ユーロ(約3億8000万円)

5: ヘラルド・マルティーノ(メキシコ) – 年俸:290万ユーロ(約4億2600万円)

5: ルイ・ファン・ハール(オランダ) – 年俸:290万ユーロ(約4億2600万円)

4: チッチ(ブラジル) – 年俸:360万ユーロ(約5億3000万円)

3: ディディエ・デシャン(フランス) – 年俸:380万ユーロ(約5億6000万円)

2: ガレス・サウスゲート(イングランド) – 年俸:580万ユーロ(約8億5000万円)

1: ハンジ・フリック(ドイツ) – 年俸:650万ユーロ(約9億5000万円)

コメント

タイトルとURLをコピーしました