ジャスト・ストップ・オイルwiki風プロフ!その目的・主張…イギリス政府への敵対心とは?

ジャスト・ストップ・オイル政治
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

2022年10月、ゴッホの名画「ひまわり」にトマトスープが掛けられるという珍事件が話題になりました。

事件を起こしたのは、環境活動家『ジャスト・ストップ・オイル』。

そして、他にもいくつも問題行動を起こしている同団体ですが、今度はイギリスの中央銀行にオレンジのペンキを吹きかけるという行動に出たようです。

彼らはなぜ、そのような行動をとるのでしょうか。

その行動理由とは、、、。

深堀したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

イングランド銀行にペンキ

10月31日、環境保護団体「ジャスト・ストップ・オイル」は英国ロンドン中心部でイングランド銀行などの建物にオレンジ色のペンキを吹きかけるなどの抗議行動を再び行ったとのこと。

被害が出たのは他に、米メディア大手ニューズ・コーポレーションの英国本社、内務省、英情報局保安部のビル。

1人の活動家は「何かが変わることを願っている。政府は目を覚まさなければならない」と語りながら、警察に連行されていったようです。

その衝撃の行動の動画がこちら⇓

 

ゴッホ『ひまわり』にトマトソース

「ジャスト・ストップ・オイル」は10日前の10月14日にも騒動を起こしたばかり。

彼らはイギリス、ロンドンにあるナショナル・ギャラリーにて、展示されていたゴッホの絵画「ひまわり」にトマトスープが掛けました

同ナショナル・ギャラリーのよると、額に少しの損傷があったものの絵画は無事だったそうです。

ロンドン警視庁は、スープをかけた二人を器物損壊と不法侵入の疑いで2人を逮捕したと発表しています。

その驚愕の行動がこちら↓

何度見てもドキッとしてしまう、本当に驚きの行動です。

 

スポンサーリンク

 

環境活動家「JUST STOP OIL(ジャスト・ストップ・オイル)」とは

ジャスト・ストップ・オイル

環境活動家「ジャスト・ストップ・オイル」とは一体何者なのでしょうか。

彼らは、インタネット上で公式のホームページを開設しています。

そのホームページには大きな文字で

化石燃料が私達を殺しています

と記載されています。

そして、彼らは自らのグループの事を次の様に説明しています↓。

Just Stop Oil は、政府が英国での化石燃料の探査、開発、生産に関する全ての同意と契約ライセンスを終了することを確実にするために協力するグループの連合です。

そして、同ページには彼らは “何を要求するのか” という問いに対して、

我々は、イギリス政府に対して、イギリスにおける化石燃料の探鉱、開発、生産に関する今後の全ての同意とそのライセンス供与を直ちに停止するという声明を出すことを要求します。

と明確に回答しています。

 

スポンサーリンク

 

彼らの “主張”、その目的とは。

ジャスト・ストップ・オイルのペイント画像

彼らはトマトソースをかける騒動を起こすと同時に、

団体のメンバー2人が午前11時、英政府に化石燃料に関する全ての新規プロジェクトの停止を訴えるために、トマトスープをゴッホの絵に掛けた

と表明しました。

政府が「石油とガスに関わる新規認可を停止するという意味のある声明」を出さない限り、こうした行動は終わらないだろう。

と声明を出しているのは「ジャスト・ストップ・オイル」のメンバーの一人 “ハンナ・ハント”。

ハントは心理学を学ぶ、若干23歳の学生なんだそうです。

メンバーの声明

そんなハンナ・ハントは次のようなことも述べています。

私がここにいるのは、私たちの政府が、今後数年間で 40 の新しい英国の石油およびガス プロジェクトのライセンスを取得することを計画しているからです。

これにより、彼らは世界を住めない気候に追い込み、今後数十年で何十億もの人々を死に至らしめることに加担しています。  

 

これ以上の石油採掘が広範な不作につながり、食糧のために戦うことになるとき、あなたは私たちの「緑豊かで快適な土地」を忘れることができます.。

最終的に、新しい化石燃料は政府による死のプロジェクトです。

そうです、この絵のフレームには接着剤が塗られていますが、私たちの政府の手には血が流れています。 

この混乱は、英国政府が新たな石油とガスのライセンスを終了するという有意義な声明を出すことで終わります。
引用:https://juststopoil.org/

 

また、イギリスの音楽学生であるエベン・ラザラス(22歳)は次の様に述べています。

私はジャスト・ストップ・オイルを支持し、英国内のすべての新しい石油とガスの即時停止を要求しています。

私は芸術の分野で働きたいのであって、芸術を混乱させるのではありませんが、私たちが置かれている状況は、秩序だった社会の完全な崩壊を防ぐために、非暴力的に可能な限りのことをしなければならないことを意味します。

 

私には若い兄弟が何人かいますが、末っ子はちょうど 10 歳と 12 歳です。

私は、彼らが声を出せないまま、苦しみの未来を運命づけられているのを立って見ていることを拒否しています。

私たちの政府は、私たちを守るという基本的な義務を果たしていません。

 

化石燃料への依存が私たちの田舎に与える影響を示す、再考されたバージョンでヘイ・ウェインをカバーしました。

この絵は私たちの遺産の重要な部分ですが、気候危機のためにすでに危険にさらされている35億人の男性、女性、子供たちよりも重要ではありません。
引用:https://juststopoil.org/

 

ジャスト・ストップ・オイルの問題行動はこれは初めてではありません。

彼らのこれまでの問題行動に怒りを示す人もいる中で、メンバーは「自分たちの行動は気候変動という現実を無視し続けようとする市民の注意を引くために必要」だと言っているそうです。
引用:https://artnewsjapan.com/

ジャスト・ストップ・オイルの過去の直接行動についてはこちら↓
ジャストス・トップ・オイルの「頭おかしいと」と言われる過去事例とは!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

彼らが訴えるもの。我々日本人も軽視できないもののようにも思います。

彼らが作り出す未来とは。

そして、彼らに反応する政府の動きとは。

今後の動向にも注目が集まりそうです。

コメント

  1. まさ より:

    誰かに要求や不平不満を一方的に伝えるのは簡単。このケースでは石油・ガス掘削をやめて我々人類が依存しているこのメインエネルギーを気候がどうたらこうたら主張しているが、じゃあ止めたとして、代替はどうしたらいいのか。全く主張もない。つまり目立ちたいだけ。再生可能エネルギーに投資すべき!するにはこう、という考えが何もないので、日本人が軽視も何も、ふーん、でおしまいだろう。

    彼らが移動したり生活するに石化製品や手段を使ってるのに気づいてないかね。それを維持するにはどうすべき?

タイトルとURLをコピーしました