永岡桂子の家族構成|海外生活の娘と孫、父親は資産家でビル所有!?亡き夫の過去とは、、。

永岡桂子政治
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

岸田首相は10月17日の衆院予算委員会で旧統一教会について調査を実施することを明らかにし、

その際に「質問権」を行使することを表明しました。

そこで、名が挙がったのが永岡桂子文部科学大臣。

岸田総理は、永岡文科相に対し、旧統一教会について「質問権」を行使し、調査を行うよう指示したとのこと。

今回のニュースでスポットを浴びることとなった永岡桂子氏。

その永岡桂子氏の家族構成にも注目が集まっているようです。

永岡桂子氏の驚きの家族構成とは、、、。

 

永岡桂子 経歴

永岡桂子

プロフィール

  • 名前:永岡 桂子(ながおか けいこ)
  • 誕生日:1953年12月8日生まれ。
  • 出身:東京都
  • 家族構成:長女・次女と3人家族
  • 趣味:水泳・テニス・音楽鑑賞

経歴

亡き夫の地盤を引き継ぎ形で平成17年衆議院総選挙に、初当選。

平成30年には文部科学副大臣に就任。

文部科学副大臣、厚生労働副大臣、農林水産大臣政務官などを経て、令和4年の8月に文部科学大臣として自身初の入閣を果たします。

永岡桂子の学歴・経歴についてはこちら↓
【まとめ】永岡桂子の経歴、学歴!中学から大学まで学習院のエリート育ちだった!

スポンサーリンク

 

家族構成

夫・永岡洋治

永岡洋治

永岡桂子氏の夫もまた政治家であった永岡洋治氏。

公式のプロフィールには、 “家族構成:長女・次女との3人家族” と記載されていますが、

永岡桂子は夫とは死別しているようです。

1978年に洋治氏とお見合い結婚しますが、、2005年に洋治氏は自宅で首を吊り自殺したとされています。

永岡洋治についてはこちら
永岡桂子の夫・永岡洋治の死因とは?亡き夫の地盤を引き継ぐ決心をした過去に涙、、。

 

永岡桂子の二人娘

永岡桂子氏には娘が二人、いらっしゃいます。

年齢や学歴、名前などは何も公表されていません。

しかし、SNSにはこのような投稿がされていたので、

お名前はゆきさん・きょうこさんかと思われます。

とあるニュースサイトによると、

タイに住む孫たちとオンラインで顔を合わせるのが、今の楽しみだ。

と、記事に書かれている永岡桂子氏。

この文章からするに娘さんがお孫さんと共にタイに在住している可能性が高そうですね。

 

資産家の父

飼料会社の経営者で、新宿にビルを所有する資産家と言われる永岡桂子氏の父。
引用:https://www.nikkan-gendai.com/

永岡桂子さんは大学卒業後、渋谷区にある実家の家業のお手伝いをしていたと自身のブログで明らかにしています。

永岡桂子氏の父については、娘さん同様にほとんど情報が公にされていません。

しかし、娘である桂子氏を学習院女子中高に通わせていたり、新宿にビルを持っているというところからかなりの資産家であることは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

旧・統一教会への対応に多くの注目が集まるであろう、永岡桂子氏。

今後の動きに目が離せません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました