【スケート動画】島田麻央の4回転ジャンプ・スピンが凄すぎると話題!

島田麻央スポーツ
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは!

突然ですが、みなさま「麻央さま」と呼ばれる女性のことをご存知でしょうか。

それは現在13歳(2022年9月現在)、フィギュアスケートの島田麻央選手のことです。

今、麻央さまこと島田麻央さんの演技、特にジャンプとスピンが凄いすぎると話題になっています。

一体どういった選手で、どんな演技・スキルをお持ちなのでしょうか。

深堀したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

島田麻央 プロフィール

島田麻央

名前:島田麻央(しまだ まお)
生年月日:2008年10月30日
年齢:13歳(2022年9月現在)
出身:東京都
所属:木下アカデミー
趣味:料理・食器集め
 
 
スポンサーリンク
 

島田麻央の成績・記録が凄い

島田麻央さん、若干まだ13歳ですがすでに偉業とも言える成績を思っています。

荒川静香以来二人目

島田麻央選手は、全日本フィギアスケートジュニア選手権に2020年から二年連続で出場します。

2020年の出場時は3位。この時、なんと小学6年生。

そして、翌年2021年には同大会で見事優勝。

全日本フィギアスケートジュニア選手権で中学一年生で優勝を果たす訳ですが、中学一年生での優勝は荒川静香さん以来二人目の快挙なんです。

 

史上初の快挙

実は、上記の2021年の大会に、島田麻央さんはノービス選手(「ジュニア」の年齢に満たない選手)の推薦枠として出場していたのですが、ノービス推薦枠からのジュニア選手権優勝は史上初

若干13歳にして、日本の史上初となる記録を持つ選手なんですね。

 

ジュニアグランプリ、デビュー選にて圧巻の優勝

そして、先日行わればばかりのジュニアグランプリ(JGP)シリーズ第2戦・チェコ大会。

ジュニアデビューの1年目となる島田麻央選手は、141・16点、合計212・65点で優勝。

2位に23・28点差をつけて、圧倒的な優勝を果たします。

 

以下、島田選手の成績をまとめます。

島田麻央の成績

  • 2022 ジュニアグランプリ(JGP)シリーズ第2戦・チェコ大会 優勝
  • 2022 エーニャスプリングトロフィー(アドバンスドノービス) 優勝
  • 2022 全国中学校スケート大会 優勝
  • 2021 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 優勝
  • 2021 全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ノービスA 優勝
  • 2020 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 3位
  • 2020 全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ノービスA 優勝
  • 2019 全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ノービスB 優勝

 

スポンサーリンク

 

島田麻央選手のジャンプとスピンが凄い

島田麻央

2021年全日本ジュニア選手権で、

フリー演技の4回転トゥループは、基礎点9.50に加え、GOE(出来栄え点)が+1.90点も追加された島田選手。

練習ではミスが続いたが「どちらも同じような失敗をしていたので、その失敗にならないように考えて、思い切りやりました」と中学生とは思えない冷静さを見せていたようです。

島田は近畿選手権、全日本ノービス選手権に続き、4回転トゥループに成功。「あまり決められていない時もあったんですけど、最近決められるようになってきたので少し自信がついた」と話した。

快挙を支えてたのは4回転ジャンプだけではないようで、

ショートとフリー合わせて10本のジャンプ全てが回転不足などの減点がなかったそうです。

完璧ジャンプに加え、スピンも両プログラムともレベル4の評価を獲得した島田選手。

全ての技術要素でGOE(出来栄え点)のマイナスがなかったことも大きな勝因だと言われています。

 

ジュニアグランプリの演技動画

こちらがフィギュアスケート ジュニアグランプリでの島田麻央さんの演技。

 

こちらは、フリーでの島田麻央さんの演技。

途中、転倒してしまいますがスピン・ジャンプともに圧巻の演技です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

つきなみですが、まだ13歳にてここまで人を魅了するとは本当に素晴らしい才能をお持ちですよね。

羽生結弦選手が、プロに転向した話題から間もないですが、日本のフィギュアスケート界の話題はまだまだ続きそうですね。

島田麻央さんのこれからのご活躍に期待しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました