園子温のステルス復帰作、上映映画館どこ?下北沢『K2』で12/20放送開始!

シモキタ - エキマエ - シネマ K2映画
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

性加害疑惑のある映画監督・園子温氏が偽名をつかい脚本を描き下ろしたことが話題になっています。

その作品は下北沢で単館上映を予定しているとのこと。

その映画館を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

『もしかして、ヒューヒュー』の脚本に園子温

園子温

今年4月に週刊誌『週刊女性』などによって、女優に対する性加害疑惑を報じられた園子温監督。

その園子温監督が、12月20日から公開予定の映画『もしかして、ヒューヒュー』で “山本孝之” という偽名を使い、復帰していたことが報じられました。

本人ははっきりと”否定”

しかし、直撃取材にて『もしかして、ヒューヒュー』の製作総指揮と脚本を手掛けたのは事実か?問われたところ、「やってません」とキッパリ否定したといいます。

一方、個人事務所の社長で女優の妻・神楽坂恵さんは、

映画は、もともと園子温が監督を務める予定で、文化庁に助成金の申請を行っておりました。しかしその後、別の人間が監督を務めることとなったため園子温はこの作品の監督を務めておりませんと説明しているそうです。

偽名の使用は認め

そして、本作品の映画の脚本に関しては、

原案を園子温が作成し、それをもとに関係者が完成させたということ自体は事実です。

また、この作品の脚本として紹介している山本孝之という人物が、園子温であることは事実です

脚本として『園子温』という名が公表されることで、作品にほかの園作品と同様の色がつくことを避け、純粋に作品を、演技を楽しんでもらいたいという思い

と説明し、偽名を使って映画に携わっていることを認めたとのことです。

 

スポンサーリンク

 

下北沢駅徒歩0分の映画館『K2』で単館上映

園子温脚本の作品「もしかして、ヒューヒュー」の上映映画間はこちら⇓

シモキタ – エキマエ – シネマ K2

シモキタ - エキマエ - シネマ K2
映画館公式HP▶https://k2-cinema.com/

 
 
なんと、小田急線 下北沢駅 南西改札口から徒歩0分の好立地に位置する映画館。
 
京王井の頭線 下北沢駅中央改札口からは徒歩3分のところに位置します。
 
本作品の情報予定日は12/20〜22までの僅か3日間なんだとか。

今回の報道で作品が一層脚光を浴びて上映期間の変更があるかも知れませんね。

新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

映画『もしかして、ヒューヒュー』予告動画

気になる『もしかして、ヒューヒュー』の予告動画はこちら⇓⇓です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました