松本剛明の家族構成|妻・孝子は東大卒エリートで娘は一人?父・母も政界関係者!

政治
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

2022年11月20日、寺田総務大臣が辞任し後任に元外務省相の松本剛明氏が抜擢されました。

今回は、その松本剛明氏の家族構成について纏めていきたいと思います。

松本剛明と奥さんは共に東大卒のエリートであり、松本剛明氏の両親は共に政界関係者とのこと。

その驚きの家族構成とは。

 

スポンサーリンク

 

松本剛明|プロフィール・経歴

松本剛明 

まずは松本剛明氏の簡単なプロフィールから。

プロフィール

  • 名前     松本剛明(まつもと たけあき)
  • 生年月日   1959年4月25日
  • 年齢     63歳(2022年現在)
  • 出身地    東京都
  • 政党     自由民主党
  • 当選回数   8回

昭和57(1982)年4月旧㈱日本興業銀行(㈱みずほ銀行)入行した松本剛明氏。

平成元(1989)年8月には、父・松本十郎国務大臣防衛庁長官秘書官の就任。

平成12(2000)年6月衆議院議員初当選を果たします。

初当選から11年後の2011年3月、菅直人第二次改造内閣に外務大臣として入閣。およそ半年間に渡り大臣の任期を全うします。

今回の岸田内閣総務大臣への抜擢は、外務大事としての経歴があってこそだとも言われています。

松本剛明の家系図

松本剛明と伊藤博文

松本剛明氏といえば、高祖父が伊藤博文氏ということで有名ですね。

他にもその家系には著名人が多数いるようです。

松本剛明氏の家系図に関してはこちら⇓

 

スポンサーリンク

松本剛明の家族構成

それでは、松本剛明氏の家族構成について纏めていきたいと思います。

妻・孝子とは同じ東大卒業生

松本剛明氏には、松本孝子という妻がいます。

お二人は同じ東京大学の卒業生。

松本剛明氏は東京大学法学部。妻・孝子氏は経済学部を卒業しているという夫婦共に高学歴。

お二人は昭和62年にご結婚されています。

妻・孝子の父親は政界人

ちなみに、孝子氏のお父さんは神奈川県議の吉浜昭治(よしはましょうじ)氏。

孝子氏は議員としての父をもつエリート家系であることが伺えますね。

 

娘は一人の噂

次に、松本剛明氏のご子息について。

松本剛明氏のご子息については公式の情報などは有りませんでした。

しかし “娘さんが一人いる” という事を言われているようです。

その根拠がこちら⇓のツイート。

この投稿内容は真実であれば、松本剛明氏にもご子息がいらっしゃることは間違いないようですね。

松本剛明氏のご子息ともあれば、いずれ政界進出ということもあり得るかも知れません。

 

松本剛明の両親も政界関係者

松本剛明氏のご両親やご兄弟も政界関係者のようです。

父・松本十郎

松本剛明さんの父親は、衆議院議員の松本十郎氏⇓⇓。

松本十郎

松本十郎氏は、総務府総務副長官、外務政務次官、自民党建設部会長、自民党兵庫県連会長などを務めてきました。

平成元年には、海部内閣の防衛庁長官に就任しています。

母・悦子

松本剛明さんの母親は、悦子さんという名前で、外務官僚を務めていた父親・藤井啓之助さんの娘です。

妹・玲子

そして、松本剛明さんの妹は、玲子さんという名前で、夫は財務官僚の寺内肇さんです。

 

日本の初代総理大人である伊藤博文氏の家系なだけあって、松本剛明さんのご家族の方もほとんどが政界人のようですね。

まとめ

以上、松本剛明氏の家族構成でした。

新たに総務大臣に就任した松本剛明氏のこれからのご活躍を願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました